• Movable TypeとWordPressの違い

    Date: 2010.03.07 | Category: Movable Type | Tags:


    Movable TypeもWordPressも、サーバーに自らインストールするブログアプリケーションです。
    どちらもPHPやCGIと、MySQLのようなデータサーバーを使用し、ライブドアやFC2といったブログが特別な知識が必要なくても利用が可能なのに対し、Movable TypeもWordPressも、自分でサーバーへアップロードし、インストールしなければならないため、多少高度な知識を必要とされています。

    また、どちらもかなり細かくカスタマイズが可能で、ネット上で提供されているフリーのブログの制約に不満足なユーザーのほとんどの要求を満足させる事が出来ると思います。

    その反面、カスタマイズには非常に高度な知識を要求されます。
    データベースの知識から、PHPやCGI、そしてCSSの知識に自身があればMovable TypeもWordPressも、他のユーザーとはひと味も違うブログシステムを構築することが可能です。

    そのため、今すぐブログをはじめたい!なんて人には不向きです。

    細かいカスタマイズは高度な知識を要求されるものですが、簡単に取り入れるシステムも用意されています。
    それがウィジェットといって、他人がつくった高度な改造を、ドラッグアンドドロップで自分のブログに取り入れることも可能です。

    それらの説明は、私のブログでもいくつか紹介しているので参考にしてください。

    さて、では実際に私がMovable Type、WordPressの二つのシステムをさわってみて感じたことを、列挙してみたいと思います。

    インストールについて

    インストールはレンタルサーバーを使用しているのであれば、どちらもやさしいです。
    私の場合は、自宅サーバーを利用しているため、MySQLのインストールからはじめなければなりませんでしたが、レンタルサーバーの場合、有名どころはすでにMovable TypeやWordPressを使用することを想定しているところも多く、インストールに必要なデータベースの情報がわかりやすく書かれているからです。

    そのため、プログラムやサーバー管理の知識がなくてもFTPが扱えるレベルであれば、インストールは簡単でしょう。

    私は、MySQLをさわるのは3~4年ぶりなのですっかり忘れてしまっていました・・・。
    なのでMySQLのインストール、データベースの作成に手間取ってしまいました。
    WordPressのインストール自体は、それほどむずかしくありませんでしたが。

    Movable TypeもWordPressも、インストールはほとんど手順は同じ気がします。
    Movable Typeをインストールしたのはもう4年半ぐらい前ですが、WordPressをインストールしてたら、あぁ、Movable Typeでもこんなことしてたなぁ。なんて思い出しました。

    カスタマイズ

    カスタマイズは、どちらもデザイン面とシステム面の二つで可能です。
    デザインに関しては、雄志がテンプレートとしてフリーで公開しているので、それらを利用するとよいと思います。
    WordPressは、今までよく知らなかったのですが、色々調べてみると最近人気が急激に上がってきたのか、色々な人がテンプレートを公開しているみたいで、シンプルなものからCoolなものまで色とりどり。
    きっと気に入るデザインのテンプレートが見つかると思います。

    また、他人のテンプレートを利用するだけじゃなくて、自分自身でも作成可能です。
    私がMovable Typeを利用していたときは、SEOにあわせてかなり細かく自分で作成しました。
    当時私は、CGIもPHPの知識もあったのですが、HTMLやCSSの知識が乏しかったので、制作は困難を極めたのを覚えています。
    ただ、そのおかげでかなりスタイルシートの知識が身に付きましたが。

    デザインだけでなく、機能も追加できます。
    先ほども書きましたが、WordPressはウィジェットという名前でやはりいろいろな人が自分で作った機能を公開しています。
    システムの改良に関しては、どちらも独自タグを使用した改良が可能で、それらのマニュアルや関数辞典も用意されているので、プログラムの知識があればおもしろいことが出来そうです。

    商用利用可能か

    最も大きな違いが、この商用利用可能かどうかでしょう。
    どちらも商用利用可能なんですけれど、Movable Typeは有料になります。
    そして結構高額です。
    大規模なネットショッピングサイトを構築するのであれば、それに似合う額だと思うんですけれど、個人ユーザーが購入するには結構躊躇する額です。
    ただ、1年間のサポートがついてくるので、自信がなければMovable Typeの方が安心できるかもしれません。
    Movable Typeのサポートについて

    それに対してWordPressは、一応は商用利用に関しても無料のようです。
    また、複数インストールしても無料のようです。
    ※ Movable Typeは、非商用であっても複数インストールする場合は有料

    動的なページと静的なページ

    SEOに興味があるとしたら、最も注目したい点が「静的なページとして出力可能か」ではないでしょうか。
    Movable Typeは静的なファイルで出力することが可能ですが、WordPressは基本的には動的な出力しかできないようです。
    また、ディレクトリ構成もちょっとWordPressは自由度が少ない気がします。

    じゃあ、SEOにたいしてWordPressは弱いか。というと、1日9000人のユニークユーザーが訪問する私のブログを運営して感じることは、動的か静的かどうかはあまり意味がない。というのが感想です。
    実際wikipediaやアマゾン、そしてはてなの各ページは、「動的なページ」にもかかわらず、googleの検索でも常にトップに位置しています。
    つまり、静的なページの方がSEOに有利というのは、単なる都市伝説にすぎないんじゃないかと思います。

    ただし、最近ではgoogleはページの読み込み速度も検索順位に関係させるような発言をしているので、静的なファイルが多少有利な場合もありうるかと思います。
    実は、WordPressは表示がかなり遅いです。
    私のサーバーマシンは、それなりのスペックを積んでいるんですけれど、それでも遅いです。
    ※ 表示速度を劇的に上げることも可能。詳しくは、WordPressの表示を速くする WP Super Cache

    動作速度について

    どちらもMySQLを使用してデータを更新しているんですけれど、どちらも非常に重いです。
    はじめMovable Typeを使用していた頃、Perl/CGIのせいで遅いのかと思って、PHPに改良したことがあるんですけれど、Perlが速いかPHPが速いか。のレベルではなくて、システム全体が非常に複雑すぎるのかなにをやるのも遅いです。

    Windows Live Writerが使用可能か

    Movable TypeやWordPressを強力にサポートしてくれるのが、マイクロソフトが無料で配布しているWindows Live Writerです。
    これはかなり強力です。

    いちどこのWriterを利用してしまうと、既存のブログの投稿は出来なくなってしまうほど強力です。
    このWindows Live Writerは,、対応しているブログすべてに使用可能なので(たとえばgoogleのブログでも)、一度利用してみるといいかもしれません。

    WordPressの投稿で使用すると、編集だけではなく、投稿後のプレビューやソースもいじることが可能です。

    どちらが人気?

    圧倒的にMovable Typeかと思ってたんですけれど、最近はWordPressの人気も鰻登りみたいです。
    Movable Typeなら、色々な書籍も出版されています。
    ネットでMovable Typeを解説しているサイトは多いんですけれど、書籍にはかないません。
    カスタマイズ可能なモジュールやテンプレートもMovable Typeの方が多いです。

    HTMLもよくわからないような初心者でも見よう見まねでMovable Typeを使っている人も多い反面、WordPressはある程度高度な知識を持っている人が多い気がします。

    どちらがおすすめ?

    どちらも難しさに関しては同レベルな気がします。
    ただ、Movable Typeの方が圧倒的に使用しているユーザーが多いので、はじめて使いたいという人には、Movable Typeの方がおすすめです。

    しかし、WordPressはMovable Typeに比べて制約が少ないので、WordPressで実験的にブログを構築するのもいいかもしれません。
    慣れてからMovable Typeで本格的にサイトを構築するのもいいでしょう。
    すでにレンタルサーバーを借りていて、FTPが使えるレベルであれば、WordPressはチャレンジしてみる価値はあると思います。

    まったくブログを使用したことがないのであれば、まずはライブドアやFC2のブログに触れ、少なくとも2~3ヶ月そうしたフリーのブログで慣れてからの方がいいと思います。

    個人的にはWordPressがおすすめ

    私も2005年(もう4年半も前!)に、Movable Typeにはお世話になりました。
    ちょうどブログブームのまっただ中でライブドアがマイクロソフトを目指してた、ITバブル真っ盛りの頃でした。
    それまでC言語やJAVAがおもちゃだった私にとって、Movable Typeとの出会いは新しいおもちゃを買ってもらった感覚で、とにかく色々いじるのがおもしろくてたまらなかった時期でした。
    Movable TypeもWordPressも、そうしたおもしろさを提供してくれるという意味では、どちらもおすすめなんですが、はたして万人にそう感じるか・・・は、疑問です。

    私がMovable Typeに触れたのは4年半前なので、単純にWordPressとの比較は出来ませんが、WordPressは管理画面がしっかりしていて、アップデートやプラグインの追加が当時のMovable Typeよりしっかりしている印象を受けました。

    現在Movable TypeもVer.5になったので(当時は、Ver.3とかでした)、色々な面で使いやすくなっているかもしれませんが、個人的にはWordPressがおすすめかな。と感じています。
    Movable Typeは、ライセンス関連の制限が非常にうるさく、またかなり高額なんで(私も独学ですがプログラムをしていたんで、気持ちはわからないでもないですが)、ライブドアやFC2のブログが無料で出来る昨今、ちょっとライセンス料が高いかな。という印象をぬぐえません。
    サポートがあるのはメリットですが、手取り足取り教えてくれるわけじゃないでしょうから。

    ただ、WordPressもそうなんですけれど、本当に表現したいことを実現するためにカスタマイズするのは、かなりハードルが高いです。
    私も色々もう少しカスタマイズしたいと思っているんですけれど、なかなかどうやっても、またgoogle先生で検索しても、やり方が見つからず四苦八苦しています。

    フォーラムでは、盛んに質問・疑問が投稿されているんですけれど、どれもハイレベルなものばかり。
    質問者ですら、私より詳しい人が多いように見受けられます。
    そのため、今までライブドアのブログしか使ったことがなかった人には、いきなり小学生が高校入試をさせられるようなハードルを科せられたような印象を受けるかもしれません。

    私もライブドアのブログを体験した後、Movable Typeに触れたので、なにがなにやらさっぱり状態。
    でも、色々調べたり実験したりするのがすごく楽しかった。
    今回WordPressに触れてみて、当時のあの楽しかった感覚が沸々とよみがえってきています。
    たぶん、後2年もしたら、あの頃は楽しかったなぁ。なんて今のことを振り返っているんじゃないかと思います。

    逆に、こうした勉強(?)を楽しめない人には、Movable TypeもWordPressもちょっと厳しいかな。と思います。
    もし、「プログラムを覚えてみたいんだけれど・・・」「HTMLやCSSを覚えたい」なんて人は、WordPressをはじめてみれば…