• googleアカウントのセキュリティをあげる

    Date: 2013.09.29 | Category: サイト構築 | Tags:


    googleのアカウントは二段階認証によって、携帯電話にログイン用の暗号が送られてくる(もしくは電話の自動音声やアプリで表示される数字)番号によって、セキュリティがかなりアップしました。
    仮にログイン用パスワードを乗っ取られても、携帯電話に送られてくる番号を入力しなければログイン出来ないわけです。
    この新しい認証を二段階認証と呼んだりするんですけれど、実はこんな頑丈なセキュリティーでも突破された人がいるらしい。。。
    参照 永江一石のITマーケティング日記

    一応対策らしい対策として、なにか不正なログインがあったら電話にSMSが送られてくるように設定することにしました。

    多分以下に紹介する方法は、今のところ当サイトが初だと思います。
    googleのアカウントが乗っ取られると、最悪、アカウント自体が抹消されてしまうことがあるそうです。Adsenseなどで収入を得ている人は、全部台無しになってしまう可能性もあるかもしれません。なので、2段階認証はもちろんのこと、パスワードを複雑にすること。そして、以下で紹介する不正なログインがあった時に、即、知らせてくれるような対策をしておくことをおすすめします。

    不正なログインがあれば知らせる設定にするには

    まずはgoogleアカウントにログインし、セキュリティのページへいきます。

    通知の確認をクリック  
    「通知」のところにある「電話番号」の横の「確認」をクリックします。もし、2段階認証を設定している場合、電話番号が表示されているかもしれませんが、画像のようにビックリマークが表示されていると思います。
    これは、電話番号が登録されているもののSMS(ショートメール)をその電話番号でまだ受け取っていませんよ。という警告です。
    つまり、その登録してある電話番号が本当にあなたのものか確認するため、6桁の番号を記載したSMSを送信するので、その番号を入力してください。という事になります。

    日本がない 
    続いてこのように携帯電話の電話番号を入力する画面になるのですが、なんと!日本が国リストに無いんです!!
    北朝鮮すらあるのに・・・。これは困った・・・

    20130928232742 そこで!ちょっと裏ワザというか、iPhoneでもAndroidでもインストールして使える、アメリカのSMSが受信できるHeyWierというアプリがあるので、そいつを使用します。

    このアプリをインストールし、登録すると、電話ができないけれどSMSを送受信できるアメリカの携帯電話の電話番号がもらえるんです。送受信はこのアプリ上でしか出来ませんが、googleからの通知も受け取ることが出来ます。

    HeyWireの登録
    上の画像はアンドロイド版になります。(iPhone版は英語で表示)
    Facebookを行っている人は、Facebookアカウントで。そうでない人でも、メールアドレスを登録すれば、番号をもらえます。Facebookアカウントを使用しない場合、「Facebookに登録していません」をタップします。

    名前の登録
    名前、国籍、男女、誕生日、郵便番号、メールアドレスを登録します。
    UNITED STATESの部分をタップすると「日本」が選択できます。

    フリーナンバーをくださいをタップ
    お金を払うと(1.5ドルぐらい)、下3桁(もしくは下4桁)の番号を選択できます。無料で取得するには、一番下の「フリーナンバーを下さい」をタップします。

    番号がもらえる
    これでSMSが受信できる電話番号がもらえました。最初の「+1」というのはアメリカの国番号です。ちなみに日本は「+81」です。

     20130928233640
    HeyWireで取得した番号を入力します。この時国旗をアメリカ合衆国にして下さい。また、番号は「+1」よりあとの番号を入力します。
    続いて「確認コードを送信」をクリックします。

    20130928235007
    googleから6桁の番号が記載されたSMSが、HeyWire上に届きます。

    6桁の番号を入力
    届いた6桁の番号を入力すれば完了です。

    これで不正なログインがあった時に、登録したメールアドレスと、そして今登録したHeyWireにもSMSが届くようになりました。
    SMSだと、リアルタイムに通知してくれるので、即対応できるかと思います。